Associazione Italiana del Duce -ドゥーチェのイタリア協会へようこそ!-

同人サークル"Associazione Italiana del Duce"の公式ブログです。

イタリア軍のアルバニア侵略とアルバニアの油田 ―アドリア海の産油国の運命―

イタリア軍は1939年、アドリア海で対岸に位置するアルバニア王国に侵攻を開始した。数日の内にアルバニア全土はイタリア軍の占領下に置かれ、国王ゾグ1世は国外に亡命、アルバニアイタリア王国の同君連合となった。

f:id:italianoluciano212:20181007221648p:plain

アルバニア軍を閲兵する国王ゾグ1世

この侵攻は「ヴァロナ(ヴロラ)の復讐」、そしてドイツの南下を防ぐため(つまりはバルカン進出の橋頭堡にするため)であったが、当然、アルバニア資源の完全確保も理由として存在した。

アルバニアはあまり知られていないが産油国である。アルバニア油田で産出された石油は当時のイタリアの石油消費の実に約3割を補っていたのである。イタリア国内は石油を産出せず、当時のリビアでは油田は発見されていなかったため、イタリアにとってアルバニア油田は重要な存在であった(それ以外は輸入に頼っていた)。

f:id:italianoluciano212:20181007211515j:plain

バーリの石油精製施設

アルバニア油田を管理していたのは、AGIP(イタリア石油公団)の子会社であるAIPA(アルバニア・イタリア石油会社)であった。1935年に設立されたAIPAは、油田から港湾都市へのパイプラインを建設し、またアルバニアでの探鉱活動をおこなった。このAIPAはイタリア王国の休戦でアルバニアがドイツ軍の管理下に置かれるまで活動した。

f:id:italianoluciano212:20181007211544j:plain

現在のパトス・マリンツァ油田

アルバニア最大の油田はフィエル州に位置するパトス市のパトス・マリンツァ油田だった。このパトス市は現在でも油田の恩恵で繁栄している都市である。この油田は1928年に発見され、ヨーロッパ最大級の油田としても知られている。AIPAはこの油田からヴロラ港までのパイプラインを建設し、その石油はイタリアに輸出された。

 

アルバニア侵攻以前から、アルバニア経済はイタリアに依存しており、アルバニア国内で最も影響力を持っていた国家はイタリアであった。すなわち、事実上の保護領化は既に完了しており、軍事的な征服は合理的とは考えられなかった。しかし、ドイツがバルカンへの影響力を伸ばす中、アルバニアを「対独防波堤」として制圧する必要性に駆られ、侵略を実行に移したのであった。

f:id:italianoluciano212:20181007212911j:plain

アルバニア戦争の両軍の司令官。左はイタリア遠征軍司令官グッツォーニ将軍、右はアルバニア陸軍大臣ラニタシ将軍。

かくして、1939年4月6日、イタリアはアルバニア政府に最後通牒を突き付けた。翌日、イタリア海軍はアルバニア本土への上陸を開始した。アルバニア遠征軍の総司令官はアルフレド・グッツォーニ陸軍大将、副司令官はジョヴァンニ・メッセ陸軍中将だった。両者とも、後の第二次世界大戦時に活躍する将軍である。

f:id:italianoluciano212:20181007212703j:plain

アルバニア国王ゾグ1世と陸軍大臣ジェマル・アラニタシ

アルバニア側は陸軍大臣のジェマル・アラニタシ陸軍大将を総司令官として、総兵力は約1万5千人であった。軍もイタリアの影響を受けていたため、装備もイタリア製が多かった。例えば、アルバニア軍機甲部隊が使用した装甲車両は、CV33豆戦車、21年式のFIAT3000軽戦車、ビアンキ装甲車、ランチャ装甲車だった。
王立アルバニア海軍はイタリア製のMAS艇や警備艇を始めとする小型艦艇のみで構成された小規模なもので、陸軍が保有していた航空部隊もフォッカー社製のアルバトロス戦闘機が僅か5機存在するのみであった。

いずれにせよ、アルバニア軍は装備不足であり、それに加えて旧式化していた。

イタリア海軍のドゥラス上陸作戦に対し、アルバニア海軍の巡視船「ティラナ」のムジョ・ウルクィナク艦長らは勇敢に戦った。ドゥラス防衛軍は奮戦したが、その日のうちにドゥラスは陥落した。彼は戦死したが、共産主義時代のアルバニアで称賛され、ドゥラス城前に彼の銅像が作られている。結局、7日の昼過ぎまでにアルバニア港湾都市は全てイタリア軍によって陥落した。アルバニア海軍の残存艦はイタリア海軍に接収されている。

アルバニア軍は総じて士気が低く、積極的に抵抗をしなかった。ゾグ1世は山岳地帯で防衛線を築く計画を立てていたが、結局それは無理だった。イタリア遠征軍は作戦行動中にコミュニケーションが混乱していたが、それにもかかわらず、イタリア軍は短期間のうちにアルバニアを占領していき、遂に8日には首都ティラナがイタリア軍によって陥落した。僅か1日で首都の攻略に成功したのである。

f:id:italianoluciano212:20181007215155p:plain

アルバニアに侵攻するイタリア軍

ゾグ1世とゲーラルディネ王妃、そしてレカ王子はギリシャに亡命した。陸軍大臣ジェマル・アラニタシは既に一足早くトルコに亡命していた。ティラナ防衛軍を指揮していたグスタヴ・ミュルダシ陸軍参謀長はイタリア軍に降伏し、その後、各地で小規模な抵抗が発生した後、12日に新たに宰相となったシェフケト・ヴェルラツィ(ゾグ1世の政敵)率いるアルバニア政府がゾグ王を廃位し、イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世アルバニア王位を与えることを決定したため、アルバニア戦争は公式に終戦となった。

f:id:italianoluciano212:20181007221104j:plain

アルバニア軍首脳部

イタリアの目的は完全に達成されたが、これは世界各国に「ファシスト・イタリアの新たな膨張の開始」と捉え、イタリアは外交の幅を狭めざるを得なくなり、結果的に枢軸関係を強化し、後の枢軸国側でのイタリア参戦に繋がった。

しかし、イタリアによるアルバニア支配は失敗した。ゾグ王政期のアルバニアは経済的に急激に成長し、安定していたが、イタリアによる征服後、それは悪い方向に変化した。イタリアは油田の制圧を始めとする合理的経済開発と政治的安定をアルバニア侵略の名目として挙げていたが、イタリア側による放漫な政策によってアルバニアは経済的破綻に陥る結果となってしまったのであった。

ギリシャ侵攻時においても、チャーノ外相は「大アルバニア主義」を掲げてアルバニア人兵士の対ギリシャ感情を煽ったが、結局プレンク・ペルヴィジ将軍率いるアルバニア人部隊は士気が低く、脱走者や降伏する兵を多数出したほか、逆にレジスタンスに加わってイタリア軍に攻撃する者までいた始末であった。